Deadline to come before holidays

The first round of the application deadline for 2018 SPRING PROGRAM

is coming in 4 days(December 10th, 2017 at 23:59 in JST).

You can submit your application form from the link(here).

In this program, you will learn key elements which will help you to succeed as innovative scientists in the future, also it will be a great opportunity for you to experience diversity and to develop your personality.

If you are still hesitating to apply, please let us know what you are concerned about. (contact us at apply@science-school.org)

We are waiting for your application!

What if your school schedule conflicts with ISSJ program?

(日本語は下に  Japanese follows below )

ISSJ will issue the certificate for students who completed their attendance to the program.


Also, additional activity reports will be issued upon request. These documents will help to report their activities in the program to their schools when they were not able to attend their school’s classes during the program.

  • Example of contents on the activity report
    Schedule of the program, hours of the activities, details of the research theme, the presentation materials, evaluation from ISSJ mentors includes achievement on the science knowledge, participation, and contribution to the group activities
  • Past example on submitting the activity report
    Participant’s school acknowledged their participation in ISSJ program into credit as they submitted the certificate and the activity report mentioned the hours of the program

Please let us know in advance if any further requirement from your school to issue the activity report for your participation.

ISSJでは、プログラムの参加者に修了書を発行します。これに加えて、参加者が希望する場合
、以下の内容についての活動レポートを発行いたします。これにより、生徒が止むを得ず学校をお休みして参加する場合に、活動内容を学校へ報告することができます。

[活動レポート記載内容例]
プログラムのスケジュール・及び各活動への従事した時間数
・本人が実施した研究リサーチ・プレゼンテーション資料
・ISSJメンターからの評価 (知識の理解・参加積極性・グループへの貢献度)コメントなど

[過去の活用事例]
学校の授業期間中にプログラムに参加したが、修了書・活動時間報告書の提出で、ISSJプログラムがインターンシップとして単位に認定れさた。

その他、報告レポート発行にあたり必要な項目あれば事前にお知らせください。

 

ISSJ 2018 Spring Program / Application now Open

We are happy to announce that the application for the 2018 Spring Program is now open worldwide! If you, or someone you know would love to explore and globalize their knowledge in science, we ask you to encourage them to apply to our program! The 10-day program consists of workshops, presentations, research, and group projects covering many areas of science led by professors and researchers from Japan’s top universities.

<2018 Spring Program>
Application Deadline: January 10, 2018
Date: April 2-9, 2018
Venue: Okinawa Institution of Technology (OIST)
Eligibility: Age 15 to 17 / Grade 9 to 11
Participation Fee: 200,000 JPY (Tuition, accommodation, meals and insurance during the program. Transportation fee such as air ticket is excluded.)
For more detail & Application: http://science-school.org/2018-spring-program

Scholarships are available to students who we believe will be able to contribute greatly to our program and vision. Airfare will not be covered by the scholarship, however our staff will be more than happy to assist in the booking process. The application details and other information about our program can be found on our website: http://science-school.org

If you have any questions, please do not hesitate to contact us pr@science-school.org.

We look forward to hearing from you!

================================
↓2017 Summer School movie:

Closing the application/募集締め切り間近!

We are closing the application to ISSJ Summer School this year in five days(30th Jun.).

In this year, the participants will come from all over the world; such as Vietnam, Philippine, U.S.A, Bangladesh, Indonesia, Mongol, Ukraine, and Japan etc..

This summer school will be a great opportunity for you to see the light for your future dream, to experience diversity and to develop your personality.

If you have not decided to apply for our summer school yet, please grab the last chance. (submit from here)


ISSJ Summer School 2017の募集は、あと5日(6月30日)をもって締切となります。

今年は、ベトナム、フィリピン、アメリカ、バングラディシュ、インドネシア、モンゴル、ウクライナ、そして日本など、世界中から生徒が参加する予定です。

このサマースクールは生徒さんにとって、将来の布石となる様な経験や、身をもってダイバーシティーを体験する事により、人としても成長を遂げられる様な、素晴らしい機会になる事と思います。

ご参加をご検討中の方は、是非こちらよりお申込みください。

Introduce our youtube channel/youtubeチャンネルのご紹介

Hi, I’m Ayako, an ISSJ intern.
Today, I would like to introduce ISSJ official youtube channel.

Please visit the channel from the link below and you can watch “Student’s Voice” by the participants last year.

https://www.youtube.com/channel/UCfBqsWV0q6p-s_5M1y8aTdA

1. The introduction of ISSJ
  You can see what is our mission, what we aim at.

 

2. Student's voice
 ①
  “ It was a great opportunity to reflect me.” “ The final presentation was most memorable for me because it helped me to improve my team building skill.”
 “ We had an awesome experience.” “ We got to do a lot of group working experiences and we all had a  chance to be a leader.”

 

 “ISSJ made me develop my personality.” “ I made friends from different cultures and with different native  languages. They are very good friends I can talk to outside of the classroom and even outside of ISSJ.”

How were those videos?
We’ll upload more videos so please don’t forget to subscribe to our youtube channel.

Lastly, we have a good news today.
Some of the students in the video will join the summer school 2017 as the intern (voluntarily).
This wonderful movement is just happening from our former students to the new students.


こんにちは、インターンのあやこです。
今日はISSJのYoutubeチャンネルをご紹介します!

昨年のサマースクールに参加した生徒さんの声などを公開していますので、ぜひご覧ください!

https://www.youtube.com/channel/UCfBqsWV0q6p-s_5M1y8aTdA

1、ISSJの紹介ムービー
  ISSJが掲げる基本理念などについて分かりやすく説明しています。

 

2、過去のサマースクール参加者からの声
 ①
  Point          「自分自身を捉え直すとてもよい機会になった」 「ファイナルプレゼンテーションが一番良い思い出。 チームビルディングの力を伸ばす機会にもなった。」
 Point 「最高の経験だった」 「多くのグループワークを通して、みんなリーダーになるチャンスがある」
 Point 「ISSJは人としても成長させてくれた!」 「異なる文化や母語の違う友人をつくることができた。 サマースクール以降も様々なことを話し合えるとても良い友達です。」

いかがでしたでしょうか?

そして、最後にグッドニュースを皆さんにシェアしたいと思います。
今年のサマースクールに、先程の動画で登場した生徒さんの何名かが、インターンとして加わってくれる予定です。
ISSJから、素敵な学びの循環が起き始めていますね!

なお、動画はこれからも順次アップロードする予定です。
ぜひチャンネル登録してみて下さいね!

Lecturer introduction vol.2/講師紹介②

Hi! It’s Ayako, an ISSJ intern.

Today I’m going to tell you about the lecturers part2.

Fist of all, how do you think about the water scarcity which is the real issue in some countries right now or will happen in other countries near future?

ISSJ summer school will welcome two scientists from Hotaru Inc. and offer you a lecture to suggest the effective solutions towards the water shortage.

Hotaru Inc. has a philosophy “Water Makes Us Free”. Based on it, they invented portable water purification system which makes it possible to take fifty times of showers with twenty liters of water.

Here are the lecturers below,

Name: Manabu Nishio

Name: Ryo Yamada

The title of the lecture is

“Toilet-to-tap?~Water Reuse for a Water Scarce World“.

Why don’t you think about how to solve the shortage of water supply with the latest technologies together?

*The class schedule is subject to change.


こんにちは、インターンのあやこです!

今日は、サマースクールの講師紹介をお送りします!

みなさんは、

近い将来もしくは現在すでに起こっている水資源の不足について、どの様な考えをお持ちですか?

ISSJのサマースクールでは、それに対する有効な解決策について、()ほたるから2名の方にお越し頂き、以下の講義を実施予定です。

㈱ほたるは、「水は人間を自由にするもの」という考えのもと、水資源循環システムを開発する企業です。

なんと、20L50回もシャワーを浴びられる様な浄化システムを構築しているそうです!

講義をしてくださる予定の方々はこちら

名前:西尾 学 氏

名前:山田 諒 氏

講義タイトル:

Toilet-to-tap?~Water Reuse for a Water Scarce World~』

現在の科学技術でどのように水不足の問題を解決できるか一緒に考えていきませんか?

Venue vol.2 Tokyo University of Science Seminar House / 開催場所② 東京理科大学セミナーハウス

*日本語は英文の下に記載しております。

Hello, it’s Yumeno, an intern from ISSJ.
I’ll introduce you all about the venue that we are going to use in the last half of ISSJ Summer School this year; Tokyo University of Science Seminar House.

This facility is for further improvement both on studies and humanity by study, rest, and stay together.

http://www.rs.tus.ac.jp/seminar_house/

People use this for orientations, graduation thesis, conference presentations, workshops, lectures, etc.

http://www.rs.tus.ac.jp/seminar_house/

 

In addition, it is usually only for the people relevant to Tokyo University of Science, so it will be a valuable experience for participants to stay 5days here.
Here is the link to its website but only in Japanese.
Thank you for reading our blog as always, and the next topic is “Introduction of Our Teachers vol.2”.

See you soon.

Yumeno

***************************

こんにちは、ISSJインターン生のゆめのです。

今回のトピックは『開催場所② 東京理科大学セミナーハウス』です!

サマースクール後半の拠点をご紹介します。

ここは、Study・Rest・Stayを共にすることで、研究の発展と人間性の成長を目的としています。

http://www.rs.tus.ac.jp/seminar_house/

具体的には、オリエンテーション・卒業研究・学会・ゼミ合宿・講義などで使われています。

http://www.rs.tus.ac.jp/seminar_house/

このセミナーハウスは通常、大学関係者しか使用できません。

参加者の皆さんがここで5日間を過ごせることは、貴重な経験になること間違いなしです!

交通アクセス、詳しい施設案内等はこちらからご覧ください。

最後まで読み頂き、ありがとうございました。

次回は『講師紹介②』をお届けします。

See you soon!

ゆめの

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

申し込みフォーム/Application: https://goo.gl/t8pz0f
Facebook: https://www.facebook.com/international.school.of.science
Twitter: https://twitter.com/issj_jpn
2017年度サマースクールパンフレット/Summer School 2017 Brochuer:
http://science-school.org/wp-content/uploads/2017/03/brochure.pd
2016年度サマースクール報告/Summer School 2016 Report:
http://science-school.org/wp-content/uploads/2016/12/2016report_ja.pd

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ISSJ’s feature vol.2/ISSJの特徴②アクティブ・ラーニング

日本語は英語の下にあります↓。

Hi, It’s Ayako.
This article is about ISSJ’s Features vol.2 on our active learning.

ISSJ’s active learning foundation is based on the three main points below.

1. Presentations
ISSJ thinks communication to express ideas to others is one of the important skills as we believe it is a key to promote and develop their research by involving with others around them. Therefore, ISSJ Summer School program offers opportunities for students to make presentations in front of others.

2. Set hypothesis and examine
ISSJ does not simply offer the lectures. During our programs, students will practice to set the hypothesis and modify it by the knowledge acquired by the lectures then they will make the presentation to output their result.

3. Group works
ISSJ aims to develop student’s ability and attitude to accept the diversity and difference among others by experiencing life together, discussing topics deeply. In ISSJ Summer School program, we will provide the environment where students work as the group. They might experience difficulties but we do hope they will have creative ideas and results never reached by working alone. Also, they will reflect and understand themselves more than before. We do hope there will be a chemistry among others throughout their group works.

Why don’t you have those unique and spontaneous learning experiences mentioned above at ISSJ summer school together?
———–
こんにちは、インターンのあやこです。

今日はISSJの特徴②としてアクティブ・ラーニングについてご説明します。

ISSJのアクティブ・ラーニングは3つの柱から成り立っています。
1つ目はプレゼンテーション、2つ目は仮説の設定と検証、3つ目はグループワークです。

①プレゼンテーション
ISSJでは、人に「伝える」ということをとても重視しています。
自分の研究を周りの人に伝えられることにより、周りの人を巻き込むことができ、
研究の発展や促進に繋がる、と考えているからです。
このような思いから、ISSJのサマースクールでも必ずプレゼンテーションの機会を設けています。

②仮説の設定と検証
ISSJでは、一方的な講義だけでは終わりません。
当サマースクールにおいても、講義で得た知識等を基に生徒は仮説を立て、検証・修正という工程を行います。
そして、導き出したものをプレゼンテーションという形でアウトプットします。

③グループワーク
ISSJでは、世界中から集まる仲間との共同生活や、徹底的な議論を行うことで、各々の個性や違いを認め、
許容し、そこからさらに新たな価値を生み出せるような生徒を輩出することを目標としています。
サマースクールでも多様性あふれる生徒同士で徹底的にグループワークを行います。
その結果、1人では決して辿りつけない様な結果が得られる事もあるでしょう。
また、異なる価値観に触れ許容して行く中で、自分と向き合い、自身をより深く知る事にもなるでしょう。
私たちは、徹底したグループワークから、この様な化学反応が起こる事を願っています。

以上の3つがISSJのアクティブ・ラーニングの特徴です。

知識を一方的に教えられるのではなく、上記の様な能動的な行動によって
学びをより深めて行くという体験を、このサマースクールでしてみませんか?

Model Rocket Workshop by TUS & ISSJ/モデルロケット制作ワークショップ

*日本語は英語の下に記載しております。

Hello, it’s Yumeno, an intern from ISSJ.

Today, I have an announcement of the extension lecture titled “Model Rocket Workshop” by Tokyo University of Science (TUS) and ISSJ.

This lecture is given on 6th August at  TUS Noda campus as an extension lecture for public but also as one of our summer school programs.

It is opened to all of those who are from 6 to 18 year-old residents in Japan.(+ ISSJ summer school participants)

What you will do in this class is not just following the instructionsbut  consider aerodynamics, acceleration, gravity, etc. by yourself, construct the model rocket, and launch it as far as you can: This is a very active class.

This is the perfect opportunity for those who cannot apply to ISSJ Summer School this year because of date/ages or who want to learn with international students in Tokyo.

You can check the details but only in Japanese.

Noda Campus/野田キャンパス

今日は、ISSJからのニュースをインターン生のゆめのがお届けします!

ISSJのサマースクールは前半・立命館大学、後半・東京理科大学の二箇所を起点として行われますが、後半の8/6(日)に『目指せ宇宙!夏の自由研究 ロケット実習 〜小学生から高校生まで世界中の仲間と科学を英語で学ぶ〜』というテーマで、当サマースクールのプログラムが東京理科大学生涯学習センターの講座としても公開されることになりました!

つまり、サマースクールへの参加が叶わなかった方でも、ISSJサマースクールのプログラムを一日限りで体験していただく事ができます‼︎

このプログラムは、講師の指示通りにロケットを作る実習ではありません!

航空力学・加速度・重力などを考慮し、構造を組み立て、どれだけ長い距離飛ばせるのか競い合う、積極的な参加が求められる授業です。

授業は英語で進められますが、公開講座として参加される方には別途通訳がつきますので、どなたでもご参加いただけます。

・サマースクールは日程・年齢が合わず参加出来なかった

・世界中の生徒と共に英語で講義を受けてみたい

という方にぴったりです!

対象年齢が広く、サマースクールに参加している海外からの参加者もいる為、東京でありながら、インターナショナルかつ多様性の豊かな空間になることでしょう!

以下、概要です。

*日時 2017/08/06(日) 09:00-15:00

*場所 東京理科大学 野田キャンパス

*定員 20名

*対象 小学生〜高校生(小学生は保護者の付き添い、中高生は保護者の同意が必須)

*講師 小正 理文

詳細およびお申込みは、こちらから。定員に限りがございますので、ぜひお早めにお申込みください。

次回のブログは『ISSJの魅力②〜アクティブラーニング〜』です!お楽しみに。

ゆめの

FAQs on ISSJ summer program/よく頂く質問にお答えします!

Hello, I’m Ayako, an ISSJ intern.

Today’s topic is our summer school FAQs.

1. Locations
During this summer school, we will use two venues. The first half is in Shiga and the other in the second half is in Tokyo.
In Shiga, our program is going to be held at the Ritsumeikan University and the accommodation is at the Epoch 21, which is located on the same campus.

http://www.ritsumei.ac.jp/lifecareer/activity/facility/stay/

 

 

 

 

 

 

In Tokyo, Tokyo University of Science is our program venue and the accommodation is at the seminar house which is a dorm of the university.

https://www.tus.ac.jp/facility/seminar/

 

 

 

 

 

 

 

2. Lectures

The theme of this summer school is “Where Do We Come From, Where Are We Now, and Where Are We Heading.” Based on this theme, prominent researchers and professors are going to provide the active and unique lectures. There will be two lectures in the morning and afternoon sessions every day.

3. Programs
In our program, every day is full of excitement with lectures, field works, and workshops. Although you will have the busy schedule, yet we could provide you more than you expected in this summer school. We will post further information on our programs, and we hope you’ll be looking forward to those.

4. Criteria For Selection
Our program is given in English. We don’t require certain qualifications in English scores such as by TOEFL/TOEIC but all of the participants need to be able to understand and express their opinions in English. We are happy to welcome students who with the proactive attitude, strong motivation towards science, clear self-image for their futures.


皆さんこんにちは!

インターンのあやこです

今回はISSJのサマースクールについて、よく頂く質問にお答えします!

まず、会場について!

プログラムの前半は滋賀、後半は東京で行われます。

滋賀では以前の投稿にもあった通り、立命館大学で授業を行い、キャンパス内のエポック21という施設に宿泊します。

http://www.ritsumei.ac.jp/lifecareer/activity/facility/stay/

 

 

 

 

 

 

東京では東京理科大学のキャンパスで授業を行い、

宿泊先は大学の寮であるセミナーハウスというところです。

https://www.tus.ac.jp/facility/seminar/

 

 

 

 

 

 

 

次にプログラム内容について!

今年のプログラム全体のテーマは

「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」。

これを軸に、午前2コマと午後2コマのプログラムになっています。これらの授業は、現役の研究者や大学教授によって行われます。

スケジュールについて!

ISSJのサマープログラムでは、毎日がとても充実した内容になっています。

一日に午前午後合わせて4コマのクラス、フィールドワークやワークショップ等も予定されています。

そのため、少しタイトなスケジュールに感じるかもしれませんが、生徒さんが想像する以上のものを得て頂ける事でしょう。

生徒さんの選考について!

ISSJのサマースクールは英語で授業が行われ、生徒さん同士でのディスカッションも全て英語で行われます。TOEFLやTOEICなどの点数での明確な基準はありませんが、選考の一貫として面接があるため、そこで英語力の判断を行います。

私たちは、積極性があり、サイエンスへの強い情熱や、しっかりと将来のイメージを持っている生徒さんを歓迎します❗️

※※※※※

 

サマースクール申し込みフォーム/Application for our summer school:

https://goo.gl/t8pz0

Facebook:

https://www.facebook.com/international.school.of.science

Twitter: https://twitter.com/issj_jpn

2017年度サマースクールパンフレット/Summer School 2017 Brochure:

http://science-school.org/wp-content/uploads/2017/03/brochure.pd

2016年度サマースクール報告/Summer School 2016 Report:

http://science-school.org/wp-content/uploads/2016/12/2016report_ja.pd

 

※※※※※