Philosophy

かつて人類は自由を獲得するために多くの犠牲を払いました。先人たちの偉業により、もはや地球上の多くの場所で、圧政、封建的な規律、教義・戒律、伝統・慣習による制限は無くなり、我々は自由を手に入れたように感じています。しかし今、周囲を見渡すと、道徳、集団の約束事、雰囲気、同調圧力により無意識のうちに抑圧され、行動を制限されている人々が数多くいます。現代の自由とは、無自覚な心の不自由と絶えず一緒にいるのではないでしょうか。

 

飢餓や病気からの自由。職業選択や投票の自由。我々は、これらの物理的、社会・政治・経済的自由だけでなく、これからの人類の進化に向けてかつての自由という概念を超えていく必要があります。無意識に存在する多くのバリアーを取り払い、自分が持っている真の可能性を解放し、そして世界に自らを表現していく。

 

「自由になる」我々とかかわる全ての人が目指すべき究極の到達点です。

Vision

生徒に知識を一方的に教えるのではなく、生徒が自ら学び育つ場、生徒が「自分も世界を変えられる」と実感できる場を創ります

生徒の時間の中心は、自らが決めた研究リサーチプロジェクトです。全員が個別に最適化された時間割を持ち、多様な社会と人々との混じり合いながら世界中に散らばる拠点・提携機関の網の目を移動して学ぶ事が出来る、全く新しい教育・研究機関を設立します。

Mission

人々が自由に好きなことに没頭できる世の中、そして好きなことに没頭していることが尊敬される世の中を創り出す

生徒は自分が興味を持てるテーマを見つけ出すところから試行錯誤を繰り返します。研究成果をどのような形で世に出していくのか、その為に必要となる研究テーマを設定し、仮説を立てて、検証を行う、専門家の意見を取り入れながら自分の好きな事にとことん没頭できる人材を世の中に送り出します。

Values

Oppotunity to Challenge 挑戦する機会

精神的な自由を獲得するにつれて、人はより大きな挑戦に立ち向かうことが可能になります。挑戦は人を成長させ、それが再び自由の拡張につながっていく。
我々は、生徒達が心置き無く挑戦できる機会を提供します。

Diversity 多様性

人の間には強い相互作用が存在します。その場の多様性を保つことによって、生徒達は自然に様々な世界の存在、多様な考え方を認識し理解できます。我々は、生徒達が新しい可能性を見い出す多様な環境を提供します。

Accesiblity to Knowledge 知識へのアクセス

適切な知識へのアクセスを確保することは、人としての成長や自由を育むだけではなく、自分自身を世界に表現するツールとして大きな力を持ちます。豊富で良質な知識に触れられる環境は、自由で解放的な場を作るために不可欠な要素です。

輩出する生徒像

道なきところに道を創り出すことができる人物

既存の価値観に囚われることなく新たな価値観を自らの思考と判断で構築し、勇気をもってその価値観に従い行動できる人物

違っていることに価値を見出せる人物

他者との違いを尊重し、同質化せず異端の中にこそ新たな価値を創造出来る可能性が存在していることが認識できている人物

Scienceについて

科学には夢をカタチにする力があります。創造のエンジンです。科学の進歩は人々の「あんなこといいな、できたらいいな」を具体化することができます。
未来をデザインし、実現する。その最も有力な武器がサイエンスです。時代、場所を超えた人類共通の言語であるサイエンス。サイエンスを武器に世界中で夢をカタチにし、課題を解決する。我々 International School of Scienceは、そんな人材を多く輩出することを目指しています。
サイエンスを日常的に扱い、その応用を考え、さらにそれを自分の言葉で世界に伝えられる人々を一人でも増やします。それが「あんなこといいな、できたらいいな」がより多くかなう社会に近づく方法だと考えます。