Manai Lab 始動

全く新しい形のサイエンス教室・学校外の理科クラブ
東京・中野にManai Nakano lab を設置します。 自ら研究をやってみたい、すでに取り組んでいる研究を進めたい中高生が 研究プロジェクトを進行し、 仲間に出会い、Manaiメンターから指導を受けることができます。 Manai labへの参加費は無料です。 これまで中高生がサイエンスプロジェクトを行うには、 学校の部活動等の理科部・サイエンスクラブに所属するしかありませんでした。 学校の枠を超え、利用機材の制限を超えて、 とことん自らの好きなことに没頭できる環境です。


*Manai lab 参加対象年齢:10歳〜17歳
研究したい 没頭したい 集まれ

Manai Lab 参加方法

Manai Lab で研究を行うためには会員登録(無料)が必要です

1.フォームより申込

フォームよりお申込み後、Manaiスタッフよりご連絡差し上げます。初回のメンター相談の日程をご相談下さい。また、まずは説明だけ聞いてみたいという方は、個別・少人数説明会をお申し込み下さい。こちらもフォーム記入後にスタッフよりご連絡いたしますので日時をご相談下さい。

2.Lab(東京・中野)にてManai メンターと打ち合わせ

Manaiメンターと面接を行い、研究の方針とスケジュールを決定します。すぐに具体的な研究をスタートしない場合は、ラボにて興味のある実験を行ったり、ゼミやワークショップに参加して研究テーマをリサーチする期間が設けられます。

※面接の結果、当ラボへの参加を見送らせていただく場合がございます。

3.サイエンスプロジェクトスタート

プロジェクト開始後は、各自・各グループのペースで研究をおこないます。また、月に2回程度 Manaiゼミが開催されます。Manaiゼミでは多様なバックグランドを持つ生徒が集まり(オンライン・オフライン混合)、最新の科学論文の輪読や分担発表を行います。ここは近い興味関心をもった仲間と出会う場にもなります。開催タイミングや内容は都度SNSおよび当WEBページにて告知します。

研究テーマについて

サイエンスの手法をとるものなら幅広く研究を募集します。身の周りの不思議を体系的に解き明かすものから、本格的な実験・分析に挑戦するものまでManaiメンターの伴走のもと、自らの興味対象に没頭してください。

ー 研究の進め方例 ー

1. テーマが決まるまで
プロジェクトのテーマを決定するために、Manai メンターと定期的に面談を行います。興味のあるサイエンスの分野だけでなく、幅広く興味関心や考えていることも含め話し合うことでテーマの選定を行います。 また、テーマが決まるまでLabで基礎実験を自由に行ったり、Manaiのワークショップイベントやゼミに参加したり、本やオンラインでリサーチを行ったり、Mentor 達と雑談をおこなったりすることで研究につながるヒントを得てもらいたいと思います。テーマの決定まで急いだり焦ったりする必要はありません。好奇心を膨らませる時間を大切にしてください。
2. テーマが決まったら
行った研究をどこに発表するか、またそもそも発表するか含めスケジュールや目的をメンターと話し合い決めます。基本的には、自分またはチームのペースで研究を進めます。多くの研究はManai labのみでは完結させることはできません。研究の進行に応じて外部の大学や研究機関に協力を要請します。研究進行中もゼミやワークショップに参加して自らの研究の幅を広げて下さい。
3. 研究が終わったら
新たな研究に取り組む、もしくはこれまでの研究を継続するかメンターと相談します。

FAQ

研究なんてしたことないけどいいのか
研究の経験がなくとも学びながら研究に参加して下さい。最も大切なのは研究への情熱と、小さな成功を積み重ねることです
グループで参加したいです
グループでの参加も受け付けます。それぞれ個別に申込を行いフォームにグループ申込であることを記載してください。 また、Manai labで開催されるManaiゼミや、不定期開催のワークショップ、イベントで仲間を見つけグループを組むこともできます。さらにManaiメンターの助言により生徒がマッチングされグループが結成されることもあります
メンタリングってどういう仕組みですか
メンターは生徒に助言をしたり、研究環境を整えたりします。メンタリングの方法は全て生徒やその研究によって異なります
ラボに設置してある機材でできる実験しかできませんか
外部の研究機関の機材利用を盛んに行います。またプロジェクトからの申請を受けてManaiで新たに必要な機材を購入することもあります
何を目標に研究プロジェクトを運営すればいいのですか
国内外のサイエンスコンテストへの出場を目指したり、Manai の季節プログラムの中でプレゼンテーションしたりすることもできます。何を目標とするかも是非メンターと相談してみて下さい
labはいつ開放していますか
開放スケジュールは今後ウェブページで公開していきます
ゼミには必ず参加しなくてはいけませんか
自由参加です
メンタリングを受けられる頻度はどのくらいですか
希望に応じてメンタリングの機会を設けます。オンラインでのミーティングも対応しますので、毎回Manai labに来なくてはいけないということではありません
研究をする、ワークショップやゼミに参加する以外にManai labで何ができますか
気軽に立ち寄れる溜まり場として利用して下さい。サイエンスという同じ興味を通した交流の場になれば良いと思っています
10才未満の生徒も参加できますか
既に研究プロジェクトの経験がある生徒等は参加を認める場合がありますので個別にお問い合わせください
文系コースに所属していますが参加できますか
学校での所属に関係なく受け付けています

Manai メンター紹介

Yoshi (Yoshifumi Komasa)

慶応義塾大学理工学部卒。IT大手に勤務後、世界を教育で変えたいという夢を叶えるため単身ガーナに学校SkySeaInternationalAcademyを建設。インターナショナルスクール教員、家庭教師、日本で塾SkySeaAcademy開校後、NPO法人翔和学園にて、IQ130以上の子たちを集めたギフテッドクラスを創設、担当。その他、日本を世界に発信すべく友人とMove for Oneを始動。
  • 量子コンピュータ用半導体材料としてのシリコン同位体を用いたバルク単結晶の作成(2003) Creating a bulk mono-crystal using silicon isotope as semiconductor material for quantum computing
  • 三次元動的モデリングにおける単振り子(2004) Three dimensional dynamic modeling of single pendulum
  • Linux on Mainframeによる大型システムの災害対策設計構築およびパフォーマンス(2008) Disaster planning, building, and performance of large scale system using linux on mainframe

Gaku Nagashima

ニューヨーク州立大学物理学科卒。
ハーバード大学大学院博士課程在籍中、瞑想とヨガに目覚め、精神技法の実践と精神世界への科学的探求を開始する。同大学を退学後、日本に帰国。
現在は、精神世界の探求とDJとして音楽の可能性の探求をする傍ら、ISSJの設立プロジェクトのコンセプトディレクターやデータサイエンティストとしてヘルスケア分野で活動をしている。
  • G. Nagashima, E.V. Levine, D.P. Hoogerheide, M.M. Burns, and J.A. Golovchenko. 2014. “Superheating and homogeneous single bubble nucleation in a solid-state nanopore.” Physical Review Letters, 113, Pp. 024506.

… 他のメンターは近日公開予定

アクセス

住所
〒164-0001 東京都中野区中野3丁目20−11 [ Google MAP ]

開放時間

Do What You Love

Manaiとは

ISSJがつくる新しい学びの場、それが Manai Institute of Science and Technology (略称:Manai) です。 Manai は、生徒のリサーチプロジェクトワークを活動の中心とする全く新しい学校です。一方通行の座学も、生徒に共通の時間割もありません。生徒は自らのサイエンスプロジェクトを運営し学びを得ます。2020年秋の開校を予定しています。2019年秋より一期生募集開始を行います。今後、サマー/スプリングプログラムや各種イベントをManai Programとして行っていきます。
Facebook ページ