Spring Program 2019

Spring Program 2019 Theme
"Dig Deeper".

周囲の雑音に惑わされずに自らの興味関心を徹底的に追求する。この経験こそがinnovative な科学者を生み出す唯一の要素であり、ISSJが関わる生徒みなさんに経験してほしいことです。また、この「徹底的に追求する」”Dig Deeper"な行為こそ、あなたを他の誰でもないあなたにします。「これが限界」というところからさらに一歩先へ進んで見える景色は、必ずあなたの人生を強力にサポートしてくれます。

周囲になんと言われようと、とにかく自分の好きなことを徹底的に深ぼる。それができる環境をISSJは用意します。そこにはこれまで見えなかった景色が必ずあるはずです。

Application Deadline

2018年10月31日 23:59 (JST)


[Early Bird]
9月30日までの申し込みは参加費2万円割引

 

APPLY

前年度の参加者の声

I feel that this experience not only developed my passion for science more but also developed me as a whole person. Being surrounded by people of different backgrounds and cultures broadened my perspective and because of the unique teaching style, we all learned a lot.

(Philippines J・M)

It's very successful in a way that we gained a lot of knowledge in just a span of ten days and learning with our multi-national classmates/friends. It's also successful since it grew our "class" as an inseparable group of students from around the world, though we come from different nation with different beliefs. ISSJ really made us very close.

(Philippines J・G)

FEATURES OF 2019 SPRING PROGRAM

RESEARCH PROJECT:研究計画立案

参加者はグループに分かれて研究計画を作成します。研究計画は基本的には 1.背景と目的、2.方法、3.仮説、4.引用文献、の4つから構成されます。

ISSJメンターのガイドやアドバイスを受けつつ、参加するワークショップや講義を参考にし、今後、自らの従事したい研究についての計画を実際に企画し、作成します。研究計画の立案が、未来のサイエンティストとして自分と向き合い、興味関心を掘り下げ、社会との接点を考える最初のプロセスとなります。

WORKSHOPS:

生徒はリサーチプロジェクトと並行してワークショップを受講します。どういった分野に進んでも生きる、また自らの将来の専門分野と他分野との架け橋となるような講義を提供します。

STUDENT LIFE IN DORMITORY:

生徒は、大学の近辺の寮で集団生活します。これは、世界中から集まった生徒、参加者同士の時間を共有することで多くの事をお互いから学ぶことが出来る素晴らしい経験になるでしょう。また、彼らはこれからの進路である大学での環境に触れる良い機会となるに違いありません。

Online Group Work : 事前リサーチ

現代の研究において国境を超えて違う国にいる研究者同士がオンラインで連絡を取りながら共同研究を進めるということが日常的に行われます。ISSJのSpring Programにおいても参加者が確定した直後(12月初旬)より、興味関心に応じてリサーチグループが作られ、ISSJメンターとともに定期的にオンラインミーティングが行われ、各グループでリサーチワークを開始します。1月末にはオンライン上で中間発表会を行います。3月末に実施のSpring Programは各グループが、集中的に実験を行い、研究をファイナライズする場となります。将来の国際共同研究を体験するとこも本Spring Program の醍醐味です。

Schedule

Day1: 3/26 オリエンテーション/ワークショップ
Day2: 3/27 グループワーク毎日実施
その他、以下のプログラムなどを随時提供します。
-ワークショップ
-先端研究
-実験講座

*Day5は休暇日になります。沖縄フィールドトリップを計画しています。

Day3: 3/28
Day4: 3/29
Day5: 3/30
Day6: 3/31
Day7: 4/1 発表
Day1: オリエンテーション/ワークショップ
Day2 - 6: グループワーク毎日実施
その他、以下のプログラムなどを随時提供します。
-ワークショップ
-先端研究
-実験講座

*Day5は休暇日になります。沖縄フィールドトリップを計画しています。

Day7: 発表

*ワークショップや実験の内容は変わります。
*参加者には最新スケジュールを随時お知らせします。

2019 Spring Program 募集要項

開催日時 2019年 3月26日 〜 4月1日
開催場所 沖縄科学技術大学大学院 (OIST)
宿泊場所 OISTシーサイドハウス
対象年齢 12-17歳(中学生・高校生)
募集人数 30名
参加費 23万円(プログラム費、宿泊費、保険)
* 9月末までに申込の場合 21万円(プログラム費、宿泊費、保険)
費用免除 書類および面接の結果が極めて優秀と認められた生徒若干名に対し上記参加費の免除を行います。
航空券・会場移動の交通機関の旅費は免除となりません。
参加資格 英語での授業に参加できること/心と体が健康な状態であること
事前のグループワークに参加できること
* 12月初旬より事前のリサーチワーク、1月末に中間発表があります。各自分担でのリサーチワーク、定期的なオンラインミーティングの時間が確保できることを確認の上、参加申し込みをして下さい。
主催 International School of Science Japan Founding Project (株式会社ISSJ)
サポーター Mistletoe

HOW TO APPLY / 申込手順

2019 Spring Program の申込手順は以下となります。


Step 1 エッセイの送付

こちらのフォームからお申込下さい。(申込は英語表記でお願いします)

締切 : 2018年10月31日 23時59分
** 9月末までに申込の場合 参加費割引制度あり

面接はエッセイ受付・審査後、締め切りを待たずに順次行います。したがって締め切り前に定員に達し、募集を停止することがあります。早めの申込・エッセイ提出を強く勧めます。


Step 2 オンライン面接

エッセイ審査にて合格となった場合、オンラインでの面接を行います。
面接はオンラインアプリケーション Zoom を使って行います。
面接日時の調整は申込者ごとに行います。


Step 3 結果の通知

2018年11月30日までに参加可否の通知します。


Step 4 参加の合意書の送付

保護者記名の参加合意書を提出していただきます。また参加費の振込情報をご案内いたします。