Introduction of Our Teachers vol.1 / 講師紹介①

*日本語は英文の下に記載しております
Hello, it’s Yumeno, an intern from ISSJ.

Today’s post is “Introduction of Our Teachers vol.1”.

Prof.Akinori NAGANO, College of Sports and Health, Ritsumeikan University

[Graduate School/University]

March 1996 – University of Tokyo  College of Arts and Sciences  Department of Natural and Artificial Systems  Graduated

March 1998 – University of Tokyo  Division of International and Interdisciplinary Studies  General Systems Studies – Systems Science  Master’s course  Completed

August 2001 – Arizona State University  Interdisciplinary Ph.D.

Program in Exercise Science  Doctoral course  CompletedProf.Nagano’s research area is “the mechanism of human motion generation”, which contains both experimental way with small/light/wearable sensors and logical way with computer simulation models.Those domains which analyze human motion generation mechanically and apply to other areas are called Biomechanics.Sports is getting more attention as Tokyo Olympics 2020 is coming up. Biomechanics is used for improving the athletes’ performance, which is so interesting目​​​​​​​

Assistant Prof.Masahiro FUJIMOTO, College of Sports and Health, Ritsumeikan University

[Graduate School/University]
March 2004 – Doshisha University  Faculty of Engineering  Department of Mechanical and Systems Engineering

March 2006 – Doshisha University  Graduate School of Engineering Mechanical Engineering

September 2012 – University of Oregon Graduate School Department of Human Physiology Biomechanics

The research is on “Biomechanics and Motor Control of Human Balance and Movement”, which is investigated both from biomechanics and neuroscience.I’ve personally got interested in one of his past researches, “Balance Function and Falls in Aging”.
Basically, the reason the elderly fall is analyzed biomechanically and neurologically for finding solution.
Those studies will be very helpful in the areas of nursing care, healthcare, and so on.

The next topic is “ISSJ: FAQ”, so we are going to answer the questions that we often get.See you soon​​​​​​​.

Yumeno

****************

藤本先生(中央左)と長野先生(中央右)との打ち合わせ時に。

With Assistant Prof.Fujimoto at the central left and Prof.Nagano at the central right.

****************
こんにちは、インターン生のゆめのです

今日は講師紹介 PART1、立命館大学のスポーツ健康学部の教授でいらっしゃるお二方をご紹介します!

スポーツ健康科学部 長野明紀先生

[出身大学院・出身大学他]

1996/03  東京大学  教養学部  基礎科学科第Ⅱ  卒業

1998/03  東京大学大学院  総合文化研究科  広域科学専攻  修士課程  修了

2001/08  アリゾナ州立大学大学院  学際的博士課程プログラム(運動科学)  博士課程  修了

『人間の動作生成メカニズムに関する研究』をされていている長野先生ですが、

この研究は小型・ウェアラブルなセンサを実験対象に取り付け、データを収集する実験的な方法と、コンピューターシミュレーターでモデルを構築する論理的な方法とで行われるそうです。

このようにして、人間・筋・骨格などの動作を力学的に解明し、応用する分野のことを広義でバイオメカニクスと呼びます。

オリンピックが迫ってくる中、スポーツが再注目されていますが、そのパフォーマンス向上にも関わる研究ということで、とっても興味深い分野ですね目​​​​​​​

スポーツ健康学部 藤本大雅先生

[出身大学院・出身大学他]

2004/03 同志社大学 工学部 機械システム工学科

2006/03 同志社大学大学院 工学研究科 機械工学選考

2012/09 オレゴン大学大学院 整理学科 バイオメカニクス

『ヒトの身体運動の神経運動制御機構の解明』を、バイオメカニクス(力学)+神経科学の両面から研究されています。

藤本先生のされた研究で『ヒトの運動メカニズムの解明と予防』というものがあり、個人的に興味をひかれました。
ヒトはなぜ転倒するのか、どうやって予防できるのか、体のバランスを力学と神経学で解析するそうです。高齢化が進む日本ですが、このような研究が介護や医療の現場で役立っていくのでしょうね。

ー ー ー ー ー ー ー ー

お二方の所属するスポーツ健康学部は2010年に設立された新しい学部ということで、HPも素敵なコンテンツがたくさんありましたのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?
次回は『FAQコーナー』です!
皆様からいただくよくある質問にお答えします。

See you soonパー

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

公式ホームページ/Official Website:
http://science-school.org

Facebook:https://www.facebook.com/international.school.of.science

Twitter: https://twitter.com/issj_jpn

2017年度サマースクールパンフレット/Summer School 2017 Brochuer:

http://science-school.org/wp-content/uploads/2017/03/brochure.pd

2016年度サマースクール報告/Summer School 2016 Report:

http://science-school.org/wp-content/uploads/2016/12/2016report_ja.pd

申し込みフォーム/Application:

https://goo.gl/t8pz0

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *